授乳を出やすくするために見直す食生活!乳頭マッサージも大事!

授乳をしていますが、あんまり授乳の出がよくないってことはありませんか?初産のママさんによく母乳の出が悪くて悩まれるママさんが多いです。母乳の出をよくするために見直したい食生活や乳頭マッサージをするようにしましょう。

授乳(母乳)の出をよくするために見直したい食生活

bonyu

pointo バランスのよい食事を心掛けましょう!

授乳の出をよくするために、バランスのとれた食生活を送るようにしましょう。例えば、高カロリーの食事を控えるや暴飲暴食はしない、コンビニ弁当やファーストフードなどを食食べ過ぎない、脂質の多い食事は控えるようにしましょう。

osusume 和食中心の食生活がオススメ!

授乳中の食事でオススメは和を中心とした食生活です。和を中心とすることで、脂質の摂りすぎ防止になりますし野菜もたくさん摂ることができます。そして、低カロリーですので、産後ダイエットにもなりますので、和を中心とした食生活を送るようにしましょう

mamekyu 母乳の出をよくるためのオススメ食材

母乳の出をよくするためのオススメ食材のキーワードは冬野菜です。冬野菜は体を温める効果がありますので、冷え対策になります。冬野菜はかぶ、カリフラワー、小松菜、ごぼう、春菊、大根、白菜などがありますので、積極的に食べていってくださいね♪

母乳の出をよくするために水分補給はしっかりと!

母乳の出をよくするために、水分補給はしっかりと行いましょう。なぜ、水分が補給が母乳と関係しているのかというと、母乳の半分以上は水分でできているからです。水分補給の目安は、1日2,000mlを摂るようにしましょう。夏は水分が不足しやすいので、夏場は3,000mlを摂るように!

おっぱいの出をよくするための母乳マッサージ

おっぱいの出をよくするために、食生活の見直しや食べたい食材などをご紹介してきましたが、もう一つしたいのは、母乳マッサージです。なんだか、母乳の出が悪い時にでもマッサージをしてみてくださいね。おっぱい母乳マッサージはAMOMAさんのコラムで詳しく解説されていましたので、まとめてみました。

おっぱいマッサージの方法

1. 右手の手のひらと指で、バスケットボールをつかむように指を広げておっぱいを持ちます。
左手の母指球(図)をおっぱいの上部にあてて、右側に向かって横に押します。
この動作を4~5回くり返しましょう。
※痛い時はもっと外側から。

おっぱいマッサージ2_170
2. 右手の位置を少し下方にずらし、小指側をおっぱいの外側斜め下にあてます。
右手は左手の上にあて、力を入れる点(図)に注意しながら、右の肩に向かって押すようにします。
この動作を4~5回くり返しましょう。
※右の手のひらでおっぱいを潰さないように。

おっぱいマッサージ3_170
3. 右手の手のひらの小指側を、おっぱいの下にあてます。
左手はその下にそえるように置いておっぱいを真上にすくい上げるようにします。
この動作を4~5回くり返しましょう。
※前から手のひらが見えるくらいがちょうどいい位置です。

出典:助産師が教える!おっぱいマッサージ(母乳マッサージ)の仕方

母乳の出が悪い時は、食生活の見直しや母乳マッサージをしてみてくださいね。