産後の腰痛の原因や対策!抱っこの方法を間違えてはいけません!

産後の悩みってホントにたくさんありますが、腰痛に悩まされているママもたくさんいると思います。そもそも、産後にいったいなぜ腰痛があるのかご存知でしょうか?産後の腰痛の原因は対策方法についてまとめてみました。

産後の腰痛の原因について

1.妊娠中の運動不足

妊娠中はどうしても、運動不足になりがちで、運動不足だったママが多いのではないでしょうか?妊娠している時は、ただでさえ運動不足なのに、体重は増えるばかり…その負担が産後に一気に出てきて、腰痛を引き起こしてしまうと言われております。

2.骨盤の歪み

産後は分娩で骨盤全体がゆるんでしまいます。骨盤の歪みをとることで、産後ダイエット効果がアップするともよく耳にしますよね?骨盤が歪む事によって、体全体のバランスが悪くなるので、腰痛の原因の一つになるのです。

3.慣れない抱っこなどの筋肉疲労

一人目の出産の場合、子育てが当然初めてです。初めてということは、正しい抱っこの方法もしっかり勉強していないと、自己流で抱っこしてしまいがち。自己流で間違った抱っこの方法をすることで、筋肉に負担がかかり腰痛の原因になります。

産後の腰痛の対策『ケア』方法について

sango

1.骨盤矯正をする『骨盤矯正ベルト』

産後の骨盤の歪みを取ることで、腰痛を和らげる効果がありますし、産後のダイエット効果もアップするので、骨盤の歪みは早めに取る方がいいでしょう。整骨院などでも、骨盤矯正などやっているところがありますし、自分で骨盤矯正ベルトなどを使って元に戻すのもありです。

2.正しい負担のない抱っこの方法を学ぶ

正しい赤ちゃんの抱っこ方法は、しっかり学んでいるでしょうか?ついつい力任せに抱っこはしていないでしょうか?赤ちゃんの抱っこ方法など、今はネットで検索すればいくらでも出てきますので、そういった情報を利用して、正しい抱っこ方法を学んでおきましょう。

3.重い荷物を持つときは気を付ける

重い荷物を持つ時は、中腰の姿勢で持ってしまうと、腰を痛めてしまう可能性があります。もちろん、赤ちゃんを抱っこする時も同じです。膝を床に着けて、腰を低くしてから荷物を持つ、赤ちゃんを抱っこするようにしてください。

体全体を使って持つイメージで、腕だけの力で持ってしまうと、腰を痛めてしまいますし、最悪ぎっくり腰なんて事になってしまうこともあります。

あまりにも産後の腰痛がひどい場合は…?

あまりにも、腰痛がひどくて、日常生活に支障が出てしまっている、ちょっと動くだけで、腰に激痛がある、痛みに耐えれないって時は、すぐに病院に受診するようにしてください。

腰痛を我慢し続けていると、症状はどんどん悪化していきますし、椎間板ヘルニアだった場合、手術も必要になる場合もありますので、あまりにも痛みがひどい、全然腰痛が治まる気配がない場合病院に早めの受診を!!